ご来訪数
プロフィール

ひらりゅう

Author:ひらりゅう
千葉市在住の内房育ちなメバラー!

最新トラックバック
メールフォーム(^^;

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
日時:2014/2/1 16:30~20:30 
場所:富津市某所
釣果:メバル×7(最大22cm)

気温も水温も低かったが、自分の意欲だけは高かった釣行日記。

 土曜の昼下がり、用事を済ませてからソソクサと南下。

 まだアフターとは解っていながら、潮位の高い夕マズメに
 とあるポイントのポテンシャルを確認したく釣行。

 まだ明るいうちから入釣したのは、小磯と隣接する堤防。

 メタルジク、カブラ、ワームのダートは全く通じず、
 シモリに引っ掛けては外しを繰り返していると・・・<グンッ>
 s-DSC_1147_2.jpg
 しっかりと乗ってくれたのは15cm程の黄金メバル

 再現性無く夕マズメ・・・満潮・・・沈黙が続く・・・。

 鉄板ポイントにスクールも見つけられず、
 何か違うことをと、実績の無いゴロタ場を根掛かり覚悟でリトリーブ。
 
 やはり、シモリに掛けては外しを繰り返していると・・・<グ~>
 ソリッドティップに伝わるそれは、ほとんど藻に掛かった時と変わらない。

 疑わしきはアワセろ! とばかりにビシッ・・・<ググン>魚信!!!
 s-02-01_01.jpg
 22cm程のナイスサイズ。

 同様の攻めで数投後に同じサイズ!

 さすがにそうは続かず、流れが早くなってきたころ堤防先端へ移動。

 ヘチが総スカンを食らう中、やけに流れが速いことに目を向ける。

 潮下へ投げれば、ミノーが勝手に泳ぐ程の流れで釣りやすい。
 んが、魚は潮上へ頭を向け、流れてくるエサを待つという。
 そんな事は百も承知・・・理屈ではね。

 潮上へキャスト。
 通常のリトリーブスピードでは、スラックが出てしまう程の流速。
 流して、スラッグ取って、テンションだけは保って、と繊細なおくり。
 いるとしたら、地形と流れから、この辺にサスペンドして・・・<グンッ>

 ビンゴぉ~!   (写真ピンボケでなし)

 これぞ釣ったといえる、21cm。

 数頭後にまたも同じ攻めで21cm。

 数投後にまたも同じ攻めで・・・15cm。

 これを機にアタリというか居場所を見失う。

 潮が下がり、まぐれアタリも遠退いたので、納竿。


今回の攻めは、自分の引き出しを増やした満足な釣行でした。


↓ポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

↓ポチっとお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ エギングへ

スポンサーサイト
2014/02/04(火) 23:48 | コメント:3 | トラックバック:0 |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。