ご来訪数
プロフィール

ひらりゅう

Author:ひらりゅう
千葉市在住の内房育ちなメバラー!

最新トラックバック
メールフォーム(^^;

名前:
メール:
件名:
本文:

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
私は無事です!

千葉市の自宅、市原市の実家も大きな被害は無し。
友人関係で悲しい事がいくつかあり、、、胸が痛い。

連日テレビ等で大きな被害を見る度に、
停電だの、品不足だの、、、小さいなぁ、、、自分等。

被災者の皆様、気の利いた事は言えませんが、精一杯頑張ってください。
自分も震災ショックのせいにせず、やるべきことをやろう。
何度も筆が(キーが)止まっていたが、やはり書き続けよう!
 
0_320-50DSC05679.jpg

日時:2011/3/5 16:00~21:00 大潮
場所:市原・長浦・袖ヶ浦
釣果:メバル×2尾(最大19cm)

 二週間前の釣行日記。

 大潮、夕マズメ、東風と、内房メバリングにはいい感じ。

 今年はまったくパターンが掴めないデイメバリングを
 何とか攻略すべくやってきた日の入り前。

 直ぐに満潮、潮どまり、となるまで全くアタリなし。
 
  シャクリのスピード
  フォールの深さ
  シンカーの位置、重さ
  ワーム種類
 
 などなど、色々試すも、明るいうちは1バラシのみ。
 
 やがて薄暗くなった頃、テトラ際のリトリーブで、、、<クンッ>
 いい感じの引きで、20cmオーバーを期待したが、ギリ19cm。
 0_320-50DSC05681.jpg

 その後もしばし沈黙。
 やや遠投しボトムを擦るようにリトリーブ、まもなくテトラ際ってとこで<グッ>
 先ほどよりはやや小ぶりで写真もなし。

 かなり潮が引いて来たところで、遠投。
 アジもチーバスも来ず、何故かホッとしながら帰路へ。

 
 次週、、、ボートメバリングか磯エギング予定だったが、、、。
  釣具屋も行く気せず、
  10数年ぶりに行こうとしていたフィッシングショーも中止。
  地元の野球大会も開幕延期。
  各イベントも軒並み、、、(>_<)
 
それでも、衣食住そして人が居るだけで幸せ。


↓ポチッと、宜しくお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
スポンサーサイト
2011/03/19(土) 23:04 | コメント:3 | トラックバック:0 |
日時:2011/2/26 16:00~27:00 小潮
場所:富津、鋸南
釣果:メバル×3尾(最大19cm)、シーバス×1尾(最大65cm)、アオリ(T_T)

 今回も先週末のお話

 暖かい日が続き、水温も16度を超えたとあっては行くっきゃない!
 そう、内房アオリ調査です。

 明るいうちから地磯に入釣。
 かなり潮が引いているが、干潮前にシャクってみる。。。

 無事に帰ってくるエギはさほど冷たくなく、水温計ると15度弱。。。
 
 やがて夕マズメ前の干潮。
 潮も風もピタリと止んだので、オニギリを食べ始めると、隣の方が<ギュン>
 みごとに1キロ程のアオリ!

 2個目のオニギリは我慢して、早々にシャクり再開。
 ニューラインでカッ飛ばし、出たラインは6.5色(1色=10m)

  充分にボトムを取って、から大きく二段シャクリ。

  テンションフォールで3カウント
  フリーフォールで3カウント
  再びテンションを張って、ゆっきり大きめの二段シャクリで<ギュ>
 
  ん!? と思った次の瞬間、<ギューン>とジェット噴射!

  「きたぁ~」とは声に出さないけど、心臓バクバク(◎◎;

  止まったら巻い、、、たらまたギューン!
  止まったら巻い、、、たら、、、、(フッ)

  バレました。(T_T)

 その後、丹念にボトムを攻め、キロ弱のデッカいナマコ。

 
 気を取り直し、磯場をウロウロ、メバルロッドと二刀流で色々攻めますが沈黙。
 根掛かり覚悟で藻際をさぐると、やっとこさ、、、<ククン>
 0_320-50DSC_0099.jpg
 18cm程のメバルのみ。(デジカメ忘れ携帯画像)


  ~ 移動 ~


 メバルの実績場に着いた頃、突然南西の風。
 やや風裏のワンド、南西ならベイトが集まるかもと、竿を振る。
 と間もなく変なアタリ・・・と思ったらエギンガーさんのライン跨いでた。
 暗闇に居るの知らなくて、平謝り。m(_ _)m
 フックにPEが巻いてるので、迷わずジグヘッドを折って対応。
 恐縮してくれたが、100%コッチが悪い、、、いい方でよかった。

  ・・・この時の対応が、その後活きることに・・・

 うまい具合に風に乗せて、遠くのシモリ付近にキャストで<グンッ>
 いい感じで上がってきたのは17cm程のやけに腹が膨らんだメバル。
 (持ち帰ったら、腹から5cm以上のイカナゴらしきベイトが出てきた)

 さらにシモリに掛けてはハズしを繰り返していると、藻とは違うテンション<グン>
 フッキングした途端、ググンググンとメバル独特の引き!
 瞬間「大きい!」と確信、、、逃がした魚は大きい・・・ハイ、バレました(T_T)
 藻に入られて。。。

 次を信じてキャストを繰り返すとまもなく、またしても<グゥン>
 おっ、さっきより大きな、重たいアタリ!
 グングンと横に走る!!!・・・横に!?(*_*;
 メバルなら25cmオーバーは確実と思った次の瞬間、
 水面まで上がってきて<バッシャーン>
 常夜灯の光を銀色に反射するその固体。
 その姿を見るや「マズイ・・・デカイ」

 タモは車の中。
 何度かの突っ込みをイナしながら、少し離れてくれたエギンガーさんの方へ移動。
 「玉アミ持ってますかぁ~?」の問いに、返事より早く駆けつけてくれた。

 無事にランディング頂いたのは、シーバス自己記録の65cm!
 0_320-50DSC_0102.jpg
 ロッド:FINEZZA PROTTYPE GOFPS 762UL-T ライン:月下美人 彩(フロロ)2.5lb

 その後メバルも追加無く、シーバスを持ち帰る決意をしたので帰路へ!

 魚屋で売ってるのを見る度に、カミさんから「一度持ってきてみなよ」
 と言われていたので、持って帰ってみたが、予想どおり無味乾燥。
 もうシーバスは持ち帰らないだろう。。。


↓ポチッと、宜しくお願いします。m(_ _)m
にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ
2011/03/07(月) 01:28 | コメント:4 | トラックバック:0 |
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。